毛を剃って改善できること

カミソリ
  • 毛が多いと空気がこもりやすい
  • きちんと洗うことができる

 大きく表現すると、この2点に限られてしまいますが、この2点による改善効果はある程度大きいと思います。以下からもう少し詳しく紹介していきますが、完全にあそこの臭いを消すことはできないかと思いますので、その辺りは考慮しておいてください。

毛が多いと空気がこもりやすい

ショーツ  これは何となくイメージもしやすいかと思いますが、あそこの毛が多いと空気がこもりやすくなり、臭いが強くなりやすい環境にあるということです。毛を剃るなどすると少し空気が通りやすくなるため臭いを抑えることができます。

改善効果:雑菌を減らせる
 あそこの臭いの原因として考えられるのが、アポクリン汗腺から出た汗+酸化した皮脂分泌液が混ざり合い、雑菌がそれを分解することによってイヤな臭いになってしまうということ。あそこの毛を少しでも減らすことによって、雑菌の繁殖を抑えることができますので、それによって匂いの発生を減らすことができると考えられます。

 毛が少なくなることで、少しでも空気の通りを良くすることができ、お肌も乾燥しやすい傾向になるかと思いますので、完全にツルツルとまではしなくとも、ある程度毛の量を減らすという方向に整えてみると良いかと思います。

きちんと洗うことができる

お風呂の泡  こちらも何となくイメージしやすいかと思います。元々、あそこ周辺は体の作りが複雑になっていることもあり、洗うことが難しい部分でもあります。その上、毛が多いとなるとより洗いにくいということになり、汚れが落とせない=臭いの原因となるっということがあります。

 また、洗いにくいというのは何もお風呂だけの話ではありません。臭いが気になってきたときに使う制汗シートやデオドラントシートなどで拭き取ることも難しくなります。些細なことだと感じるかもしれないのですが、毛が多いとこういったことが起こるということです。

脱毛すると余計臭う?

 基本的には脱毛することで、臭いを軽減させることは可能です。ただし、それは正しく脱毛できている場合の話です。例えばですが、毛抜きや除毛クリームなどを使ってしっかり脱毛していたとしても、肌荒れを引き起こしてしまったら無意味になることもあるということです。肌が荒れてしまったりすると、そこから浸潤液が出るなどしてそこから雑菌が発生してしまうようなことがあります。

 そもそも、あそこ周辺はお肌が敏感な部分でもありますので、カミソリで剃る、刺激の強いクリームを使いすぎる、などすると荒れてしまいやすいですよね。また、中途半端な家庭での脱毛は箇所が箇所ですので、より毛が太くなってしまうなどの弊害も出ることもありますので、VIO脱毛に関してはプロに任せるのが良いかもしれません。

Page top icon