あれもこれも
解決しなかった!

悩む女性
  • あそこの臭いが気になるから洗い方を調べている!
  • 彼とのラブライフをもっと積極的に楽しみたい!
  • もっともっと前向きに恋愛をしたい!
  • もっともっと女に磨きをかけて見返してやりたい!

 などなどなど、臭いが気になる人で、特に悩みを解決して前向きな気持ちになりたいっと思っているあなたのためのサイトだと考えています。

運営者について

イメージ

 ちなみに当サイトを運営しているワタクシは普段は病院で働く薬剤師です。薬剤師目線であなたのカラダの悩みを解決できる方法を一生懸命調べたので、どうぞお付き合いくださいませ。あそこの洗い方から、あそこの臭いケアでオススメできる商品などを紹介しています。

あそこの正しい洗い方

泡立てたソープ  実はデリケートゾーンの周辺は皮膚が薄く、粘膜もありますので、ゴシゴシ洗うのは絶対にNGです。臭いが気になるからといって、石鹸やボディソープを直接当てて洗うのではなく、できるだけ泡立てたもので洗うことが大切です。イメージとしては泡立てたソープで洗顔するような感じですね。

 ただ、顔と大きく異る点はカラダの構造が複雑なので、垢や汚れが溜まりやすいということです。泡で洗ったつもりになっていて実際はきちんと洗えていなかった・・・なんてことがありますので、タオルやスポンジではなく指の腹を使って丁寧に洗ってあげたいです。

洗うなら専用ソープがオススメ

 普通に洗っていて、特に汚れも匂いも気にならないっという方は、そのまま普通のボディソープで問題ないと思うのですが、ニオイが気になる・・・っという方は専用ソープを使うことをオススメします。特に以下の3つに1つでも当てはまる方は、特に特に・・・特に専用ソープをオススメしたいです。

  • いつも念入りに洗っている
  • ビデでも毎回丁寧に洗っている
  • 気になるときは膣洗浄している

 この3つの内の1つでも当てはまっているとしたら、洗うことによって匂いをよりひどくしている可能性があるということも考える必要があるからです。当サイトとしましては、オーガニックの保湿ケアができるアンボーテのフェミニーナウォッシュというソープをオススメしています。

 当サイト以外のサイトではジャムウソープをおすすめしているのをよく見かけるのですが、あちらはニオイケアと黒ずみケアの2点において強いのですが、フェミニーナウォッシュはさらに保湿ケアを加えた3点に強いのでオススメなのです。

ジャムウソープ アンボーテ
オススメ
ポイント
ニオイケア
黒ずみケア
ニオイケア
黒ずみケア
保湿ケア
形状 固形石けん 液状ソープ
価格 1個:約2000円 1瓶:約4000円
1日コスパ 約30~40円 約100~130円
公式
サイト

 コスパを考えるとジャムウソープがオススメになるんですが、1日缶ジュース1本分のお値段で更に上のケアができると考えるのであれば、やはりアンボーテのフェミニーナを使って欲しいなと思います。更に詳しいことは公式サイトで紹介されていますので、そちらもチェックしてみてください。

 公式サイトで見てみる 

内側を洗うのはNG行為

 また、内側まで指を入れて洗うのもNG行為です。内側は弱酸性に保つことでばい菌などの侵入や発生を抑えているので、これを洗い流してしまったりすると、膣炎などを引き起こしてしまう可能性もありますのでご注意ください。

 それでも内側もしっかりケアしたい!っという方はこちらのページをご覧くださいませ。あそこの臭いケア内側専用の製品インクリアというものがあります。

 膣内の洗い方を見てみる 

きちんと洗っているけどダメという場合

バツ印 実は洗いすぎが原因で臭いが発生しているっというケースも多々あります。清潔にしようとしっかり洗っている行為こそが、臭いの原因の1つになっていた・・・。っという可能性があるということです。

 あそこ周辺に限らず、人間のカラダは常在菌という菌が住んでいます。何となく菌というと悪いイメージがありますが、良い菌というものも存在します。主に表皮ブドウ球菌という菌がカラダには住んでいるのですが、この菌は皮膚を弱酸性にして皮膚を守ってくれているのです。

 この表皮ブドウ球菌を根こそぎ洗い流してしまうと、表皮ブドウ球菌以外の菌や真菌(カビ)が繁殖してしまい、アンモニア臭など不快な臭いを発生させてしまうということです。

※注意点
 あそこ専用のボディソープや石けんもいくつか販売されています。当然、それを使っても匂いの悩みは解決するかもしれませんが、実際に使ってみても効果を実感できなかった人の声を集めてみると、

  • 夕方までもたなかった

 っという声が圧倒的に多かったです。あそこ専用の石けんに効果がないとは言いませんが、人によっては汗の分泌量が多い人もいますし、そもそもの匂いの程度にも差があります。そう考えると、石けんだけで1日中カバーしきることは無理という人がいるのも当然の話なんですよね。

じゃぁ、どうするの?

 あそこをきれいに洗う方法も分かった、専用の石けんもあることが分かった、人によっては石けんだけじゃ1日持たないこともあることが分かった。そこからどうすればいいの??っという話です。

ピンチのときに使えるものがあれば良い!

安心 基本的な洗い方で清潔を保ちつつ、気になるとき、ピンチのとき、これからデートのときなどにレスキュー的に使えるものがあれば良いのです。一昔前からこのような商品はありましたが、殆どの商品が、別の匂いでカモフラージュするといったものでした。

 これでは何も解決しないのです。あそこの臭いケアをするには

  • しっかりと雑菌を抑えること
  • 雑菌のエサとなる汗を抑えること
  • 雑菌が発生させた臭いを消すこと

 この3つが重要となってきます。この3つを同時に行える、かつ、デリケートな箇所に塗っても大丈夫なものが必要となってくるのです。

そんな都合の良いものあるの?

 はい、実はそんな都合の良い商品が5つほどあります。色々と調べまわってデリケートゾーン専用のケア用品を見つけてきました。これらの商品の詳しい比較なんかは次のページで詳しく紹介していますので、気になる方はどうぞ、もう少し先まで読んでみてください^^

Page top icon